menu

キーノート・シアター

〒116-0013
東京都 荒川区 西日暮里 1-1-1
パレスいしかわ B1F

MAIL.info@keynoteplan.tokyo

TEL.03-3376-1267

             

公演情報

公演の詳細は、各団体へお問い合わせください。

2022年12月23日(金)~2022年12月25日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『飲みダン!‐Nomiya with Dance-』

https://www.g-froce-produce.com/

2022年12月15日(木)~2022年12月18日(日)

● Protopia
● オリジナルミュージカル『人間ライブラリ』2022

わたしたちは、可老可死を認められたアンドロイド――。

​2100年。「成長型アンドロイド」のアイが通うスクールで出された課題は『人間の死に関するレポート』だった。

人間の死とは何か? 死はなんのために存在するのか?

アイとジョウは、それを知るために、​ホームコンシェルジェのレイのガイドのもと、人間の記憶と感情がごまんと集められたオンラインデータベース『人間ライブラリ』から、人間の死の記憶と感情をインストールしてゆく…。

なぜ、アンドロイドたちは不老不死の身体を捨てたのか。
​人間の死と老いをとおして、アイが出した答えとは?

https://www.protopia.jp/ningenlibrary

2022年12月8日(木)~2022年12月11日(日)

● ユトサトリ。祭②
● 『パパパパパーティー!パパパーティー!!』

劇団結成5周年を記念したユトサトリ。祭の第2弾!
3つの団体(パーティー)が集結。
一度の観劇で30分の短編作品を3団体分楽しめちゃうユトサトリ。今年最後のパーティーです!
お客様のお気に入りが増えること間違いなしのラインナップ☆
年の瀬もすぐそば。みんなで一緒にパパパーティー!

※照明をキーノートが担当

https://twitter.com/yutosatori

2022年12月2日(金)~2022年12月4日(日)

● 空間旅団R&C
● 第一弾公演『BACK from BACK 2022』

地方の人気劇団ありが20(トゥエンティ)が東京で公演を行なうことになった。スタッフは前日に乗り込み、すべての準備を整え役者の到着を待っていた。しかし、集合時間になっても役者が来ない。
なんと役者たちは前日飲み過ぎて新幹線に乗り遅れたのだ。このままでは開演時間に間に合わない。
舞台監督の武本は、決断をする。
「俺たちで芝居を打つ」
かくしてスタッフだけの芝居作りが始まるのだが、役者をやったことのないスタッフ達は好き勝手を始めていく。
果たして彼らの芝居は上演できるのか・・・

~この芝居をすべての舞台スタッフに送ります~

※照明をキーノートが担当

https://kukan-r.com/

2022年11月23日(水)~2022年11月27日(日)

● 劇団Birth
● 第18回本公演『げつようび』

数十年と続く地域密着型スーパー。その名も『すーぱーまん』。
地元住民に愛され続けてきたそのスーパーも、
次々と展開される大型店の勢いに押され、今や風前の灯。

そんなある日、ある万引き疑惑事件が起こる。
だが、容疑をかけられた男性は、頑なに否認。物証も無い。
それに反し、現場にいたパートの女性のみが目撃を主張する。ゆずらぬ両者。

店長をはじめ、従業員達をも巻き込んで、物語はあらぬ方向へと…。
果たして彼は盗ったのか、盗っていないのか。

それぞれの真実が交錯する様を描いた、ヒューマンドラマ。

https://www.tac-birth.net/getsuyoubi

2022年11月18日(金)~2022年11月20日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『アボカドとピスタチオ』

https://www.g-froce-produce.com/

2022年11月11日(金)~2022年11月13日(日)

● Musical&Drama project
● 音楽劇『乱反射~浅野潤一コラプス考』

異世界というのはいくつ存在するのか?
それは無限に?おれの迷いの分だけ無数に――?

※照明をキーノートが担当

https://stage.corich.jp/stage/175723

2022年11月3日(木)~2022年11月7日(月)

● 劇団25、6時間
● 第5回本公演『ミドルノート<ムーンダスト>』

※照明をキーノートが担当

https://www.25-6hour-official.com/

2022年10月27日(木)~2022年10月30日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『恋するアンチヒーロ』

https://www.g-froce-produce.com/

2022年10月20日(木)~2022年10月23日(日)

● Estoragon第1弾公演
● 朗読劇『はなときず』

https://stage.corich.jp/stage/186413

2022年10月15日(土)~2022年10月16日(日)

● 演劇ユニットスターチス
● 『絢爛とか爛漫とか』

今日も文香の部屋に四人の
若き女性文士が集まっている。

まや子は、批評家志望のモダンガール。
小説家としても筆が立つ。

すえは、自称浪漫怪奇小説家。
類稀な表現力で才筆を振るう。

薫は、市場で働く職業婦人。
片手間に書いた小説が高く評価される。

文香はというと、泣かず飛ばずの三文文士。
ベル・レットルで短編を一本書いたきり、
未だ新作を書けずにいる。

昭和のはじめ、後に昭和モダンと呼ばれる時代。
嫉妬とか、友情とか、恋とか、葛藤とか…

https://www.statice0321.com/p/45/

2022年10月8日(土)~2022年10月10日(月)

● eeo Stage/株式会社A3 主催
● 朗読劇『みやがわら』

「はいどーもー!」
「宮川なつかです」
「菅原恵子です。二人合わせて」
「みやがわらです!よろしくお願いしまーす!」

ねぇ、知ってる?
コンビを組むのって結婚とおんなじなんだって。
・・・相変わらずだな。
え?またスベった?変な空気になってしまったなぁ。
ごめんなさい、ま、この話 結婚 だけにもう

「結構です。ありがとうございました。」

https://eeo.today/stage/title/miyagawara

2022年9月28日(水)~2022年10月2日(日)

● 桜餅総本舗
● 『クロミネンス・クロニクル2』

イルミナティからXマノンまで…!?渦巻く陰謀論。これらの首謀者は300年にわたって生き続ける人類の亜種”クロミネンス“の陰謀だった!?
人類の時間移動が可能になって既に半世紀。違法の時間移動をしたものを取り締まる「SIG」通称時空警察の取り締まりの目を逃れ、1700年代から世にいう“陰謀論”に隠れて人類の歴史を操作し続けてきたクロミネンス。彼らは人智を越えた超能力を持つが繁殖能力を持たず、メンテナンスを続ければ永遠という時間を生き続けられる人工生命体であった。
人間の一生にあたる時間も彼らにとっては一瞬の出来事であり、歴史上の事件や出来事も彼らにとっては単なる暇つぶしに過ぎない。

2021年12月に阿佐ヶ谷アルシェにて公演され、大好評を博した「クロミネンス・クロニクル」が新たな構想を加え、原作者畑澤和也自身が脚本・演出を行って蘇ります。ロシアのウクライナ侵攻等、現代の世界が直面している問題について、永遠の時を生きるクロミネンスたちが語りあかす。クロミネンスの宿命のライバルであり、未来を知り歴史の秩序と平和を守る時空警察の時空刑事達との対決の行く末は!?

http://sigcc2.com/

2022年9月23日(金)~2022年9月25日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『飛龍伝』

https://www.g-froce-produce.com/

2022年9月15日(木)~2022年9月18日(日)

● 劇団夢連人
● 第一回公演『HOCUS POCUS』

「僕は人間になりたかったんだ! 人間として生きたかった…」
とある時代、とある地。
物語は、動く人形”ホーカス”と喋る猫”ポーカス”が出会うところから始まる―。
人間になるため、魔法使いを探す旅に出るふたりは、情報屋を名乗る者に導かれるまま歩みを進める。
友情、愛、願い…。
さまざまな思いが交錯する旅の果てで、ふたりを待ち受ける驚愕の真実とは!
希望に満ちた魔法と抗えない運命とが織りなすダークファンタジーが幕を開ける―

https://twitter.com/ymtr_puramo/

2022年9月8日(木)~2022年9月11日(日)

● 劇団ラウンド・テーブル13
● 『終わらない真実~エピソード0~』

一通の手紙が六人の元へ届いた。
それは英・ロンドンの片隅にひっそりと佇む古びた屋敷への招待状。
その手紙を受け取った彼は、行き付けの喫茶店で静かに微笑んだ。
まるで面白い事がこれから始まるかのように…

前回公演した『見つけて真実~導く答えは~』
これから遡ること二十年も前の話
すなわちここが始まり
木下心を育てた天才数学者の森阿手一夜がまだ若かりし頃の物語

※照明をキーノートが担当

https://twitter.com/thirteen_round/

2022年9月3日(土)~2022年9月4日(日)

● Dance Company MOG
● 第1回公演『人生参観』

人は生きているだけで無数のドラマを生み出す。
それはその人にとっては重要で、他人にとっては些細な一面。
誰にもいうことはないけれど、自分の中で確かに起きる数々の感情の変化。

誰かの長い人生のほんの一部を切り取り並べた「人生参観」
あなたの中にもきっとある。
そんな感情のストーリー。

https://www.instagram.com/p/CdQz0yPva_z/

【公演中止】
2022年7月20日(水)~2022年7月24日(日)

● 言葉のアリアSeason3 ハルジオン
● 第7回公演『間違いの喜劇』

アンティフォラスと、ドローミオという
それぞれ双子の兄弟がいた。
二組の兄弟は、イージオンとエミリアの間で育てられたが、
とある航海のなか船が難破し、
幼い双子の兄弟たちは、兄同士と弟同士で、別れ別れになってしまう。

数年後、成長したアンティフォラス弟は、
ドローミオ弟を連れて、兄探しの旅に出る。
旅の途中、二人はエフェサスという町に到着するのだが、
町では不可思議なことばかり起こってしまう。

一方、
アンティフォラス兄とドローミオ兄は
既にエフェサスで暮らしていたが、
この二人にも不可思議なことが起こってしまう。
あれ?もしかして、入れ替わってる?

https://aria-machigai-kigeki.mystrikingly.com/

2022年7月1日(金)~2022年7月10日(日)

● ツツシニウム
● #7『バカの声』

沢山の声にまみれて父は全てを失った。
沢山の声にまみれて届かなかった父の言葉が俺には聞こえてた。
世界は歪んでる、俺は飲み込まれないように生きると決めた。

『俺の言う事、信じてくれる?』

https://tutushiniumu.com/stage/baka/

2022年6月22日(水)~2022年6月26日(土)

● 俳優陣O2K
● 第10回公演『スカート、ふわり』

昭和18年夏。
モンペの代わりにワンピース、
敵国のパーマネントをかけ、
不要不急のオシャレに
夢中になる女性たちがいた。
戦争を知らない私たちが、
「これまで聞いてきた戦時中」
と、ずいぶん違うけど、
どうやら、これは本当の話。

https://twitter.com/HaiyujinO2K

2022年6月19日(日)

● 明治大学公認ダンスサークル
● Cherry Gooseの春公演『With New Hope』

https://twitter.com/cherry_goose

2022年4月29日(金)~2022年4月30日(土)

● Smime ノンバーバル パフォーマンス公演
● 『W -ダブル-』

https://smaime.com/

2022年4月21日(木)~2022年4月25日(月)

● 言葉のアリア Season3 ハルジオン
● 第6回公演『ペリクリーズ』

ツロの領主ペリクリーズは、アンティオケの王女との結婚を願い出るが、王女とその父の秘密を知ってしまい、海へ逃れ、航海の旅に出る。
ある時は飢餓から国を救ったり、ある時は槍試合に勝利して姫を娶ったり、まさに英雄さながらの生きざまを見せる。
娘も生まれ、幸せの一途を辿るかと思われたが…
英雄の数奇な運命を物語るはるか昔のお話。

https://twitter.com/Aria_of_words

2022年4月14日(木)~2022年4月17日(日)

● 第11回 東出有貴プロデュース
● 『最初で最後の恋』

小さい頃から心臓の病気で病院内での生活が長かった咲。
みんなと同じように生活していくことを半分諦めていた。

一方、毎日なんの目的もなく生きている咲久はいつものように恋人を亡くした病院の屋上で自分を責めていた。

そんな咲久を見つけた咲は声をかけるが、咲久は冷たい態度。
お互いの印象は最悪のまま時は経った。

普通の日常に憧れている咲。
現実から目を逸らし続ける咲久。
真逆に見える二人には一つの共通点【夢】があった・・・

https://ameblo.jp/breach-silver/entry-12726563927.html

2022年4月9日(土)~2022年4月10日(日)

● 劇団Wistroemeria
● 第三回公演『たきがわ、営業中!』

とある商店街の一画にある定食屋兼小料理屋「たきがわ」。そこに住まう店主の諏訪真実、息子の光、留学生アルバイトの藍千里だが、高校三年生で反抗期中の光に真実は接し方にほどほど困っていた。
朝から向かいの電器屋を営む真実と幼馴染の天城友介と響が乗り込んできてバタバタとしながらも、ランチタイムが終了する。その中、休憩時に光の担任である浅井成久が訪れて……

https://www.wistroemeria.com/

2022年3月24日(木)~2022年3月28日(月)

● 劇団25、6時間
● 第3回本公演『魔法はひとつじゃありません!』

※照明プランをキーノートが担当します。

https://twitter.com/256hour

2022年3月12日(土)~2022年3月13日(日)

● 劇団すらんばー
● 第九回公演『眠り姫』

「不眠サークル」
夜になると、考えたくないことを考えてしまう。
そういう日に、誰かがいてくれる場所。
眠れない時に、誰かと話せる場所。
不眠症であるという女の子、
紬希(ツムギ)のために始まったこの空間は、
いつの間にか人が増えて、
いつでも誰かがいる場所になった。
何もない日常。何もしなくていい時間。
こんな時間が、ずっと続いていけばいい。
そう思っていた。

ある日、紬希が、目を覚まさなくなった。

https://www.quartet-online.net/ticket/slumberno9

さらに過去の公演情報はこちら