menu

キーノート・シアター

〒116-0013
東京都 荒川区 西日暮里 1-1-1
パレスいしかわ B1F

MAIL.info@keynoteplan.tokyo

TEL.03-3376-1267

             

公演情報

公演の詳細は、各団体へお問い合わせください。

2024年7月19日(金)~7月21日(日)

● THE TOKYO BANDITs
● 五周年第3弾!『親の遺産は蜜の味?番外編』

山村家の4兄弟 尚哉・諒子・沙織・瑠衣は全員成人し、自分なりの生き方をしている。
父親の山村巌は昨年喜寿を迎え、人生を振り返るきっかけを得て一人海外へと旅立った。
それぞれ思うところはあったが、父親の気持ちを汲み一人旅を見送った。

時は経ち、ある日突然そんな父親から遺産相続に関する一報が『予想外』の形で送られてきた。
戸惑い巻き込まれる4兄妹。
久しぶりに実家に集まった4人だが、留守がちだった家は既に空き巣に狙われていた。

各々パートナーに相談したり、地元の幼馴染がグイグイ来たり、なぜか空き巣が遺産を狙ったり。

遺産相続という言葉に、様々な思惑が渦巻いてしまうのだった…

https://x.com/BanditsTokyo

2024年7月10日(水)~7月15日(月)

● イノセントギアカンパニー イバラノミチ
● 『尺には尺を』

ウィーンの公爵ヴィンセンショーは外交でウィーンを離れることにしたと言い、その代理を厳格なアンジェロに任せる。
若い貴族クローディオは婚前交渉で恋人のジュリエットを妊娠させ、姦通罪でアンジェロから死刑を宣告される。

クローディオの妹イザベラはアンジェロに面会し、慈悲を求めるが、自分と寝るならばクローディオを助けてもいいと持ちかける。
イザベラは拒否し、刑務所でクローディオに潔く死ぬよう言う。

クローディオは助かりたいので、イザベラにアンジェロと寝るように頼むが、イザベラは拒否する。
そんななか公爵は、実はウィーンを出発しておらず、修道士に変装してアンジェロの動向を監視していた。
イザベラから話を聞いて、公爵はアンジェロに罠をしかけることにする。

真っすぐな人間たちと歪んだ人間たちによる、
理性と衝動が交錯しあうドタバタ劇!

※照明担当:キーノート

https://stage.corich.jp/stage/323959

2024年6月28日(金)~6月30日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『ムカイ先生の歩いた道』

今夜は作家ムカイチズコの80歳になる誕生パーティー。
そこでチズコは人生の最高傑作を発表するという。
しかし最近少し様子がおかしいチズコは、朝は誰とも口をきかず、フラリとどこかへ出かけてしまう。
そこへチズコの古い知り合いが訪れる。
終始物腰が低く、どこかチズコと合うことに躊躇いを見せるが、不在を知ると近所を探してみると出ていく。
するとすれ違いにチズコが帰宅する。
先ほどとはうって変わって上機嫌。
そして外に向かって手招きすると、見知らぬ男が家に入ってくる。
戸惑う家族を余所に、チズコは過去の記憶を辿りはじめる――

https://twitter.com/Gforce_Produce

2024年6月6日(木)~6月10日(月)

● 劇団25、6時間
● 第10回本公演『魔法はひとつじゃありません!~マジックアワーを探して~』

絵本作家デビューを目指す佐藤まほ。
夢をたくさん詰め込んだ絵本を何度ボツにされても諦めない!そんな普通の女の子。
ある日「25歳までに夢が叶わなかったら諦める」と決意している夢子と出会う。
誕生日まであと数日…。果たして、夢は叶うのか?

自分にとってのマジックアワーを探して。
陽気なカエルと愉快な仲間たちと共に、夢を追い続けるドタバタ物語!

※照明担当:キーノート

https://twitter.com/256hour

2024年5月23日(木)~5月26日(日)

● パントマイムアーティスト前田秀
● 第五回ソロ公演+『COLOR』

https://twitter.com/smime_letter

2024年5月2日(木)~5月4日(土・祝)

● Noa Bba
● 『Something Like Mother』

母は、泣いた。
母は、与えた。
母は、耐えた。
母は、怖れた。
母は、努めた。
母は、見守った。
母は、抱きしめた。
母は、傷ついた。
母は、尽くした。
それらを何度も何度も、繰り返した――すべて、あなたのために。
(ナターシャ・クレイグ「ママがあなたに言わなかった十のこと」:抄訳)
わたしたちにそれができるだろうか?

https://twitter.com/mother0504/status/1779415041768661391

2024年4月26日(金)~4月29日(月・祝)

● 劇団西の果て企画
● ミュージカル『真面目が肝心~アーネストin LOVE~』

時代は19世紀末、イングランドの田舎、ハードフォードシャーで育った貴族、ジョン・ワージング(ジャック)は、弟の世話をする口実で時折、ロンドンを訪れ、「アーネスト」という名で都会との二重生活を送る。また以前より好意を持っていたフェアファックス家の令嬢、グウェンドレンにプロポーズをしようと考えていた。ジャックの友人でロンドンに住む貴族の青年アルジャノン・モンクリーフは、常に体調の悪いバンバリーという架空の友人を持っているフリをして、田舎に訪ね、見舞いを口実に二重生活をする。本来、怠けていて、だらしない性格であるアルジャノンは、そこで献身的な人間を装う。これを「バンバリーする」と名付けた。ある日、グウェンドレンが従兄弟であるアルジャノンのフラットへ訪れることを知ったジャックは、ロンドンへと向かった。そして、アルジャノンから「彼女との結婚は認めない」と告げられたジャックは以前、フラットに忘れていった煙草入れをアルジャノンから差し出された。中には「セシリーより愛を込めて、親愛なるジャックおじさまへ」と書かれていた。そしてジャックは…

※照明担当:キーノート

https://www.quartet-online.net/ticket/nishinohate_ernest?m=0zefhec

2024年3月30日(土)~3月31日(日)

● プロダクションフランネル
● フランネルフェスティバルvol.5『夢じゃないのか!?』

1人の宇宙オタクの元に、宇宙人襲来!?
彼らの目的は?地球を滅亡!?
個性豊かな仲間に囲まれて、地球を救うヒーロー?たちの海外風コメディ作品!
これは…「夢じゃないのか!?」

※照明担当:キーノート

2024年3月23日(土)~3月24日(日)

● 文化学園大学演劇部劇団Earth
● 『21期生卒業公演』

詳細未定
※照明指導:キーノート

2024年3月20日(水・祝)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.83
● MORGUE×CHRONICL LⅣ『The Secret Garden-紡がれた香りの旋律-』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
医学生のサミュエルは、警察官の姉・ローラと二人暮らし。
ある日、趣味の写真撮影に出かけたモレラの森で豪雨に襲われ、森の中にある屋敷で雨宿りすることになる。屋敷の主・ジェラルドは身体の中に花が咲くと言う奇病を持つ謎めいた人物だった………。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年3月16日(土)~3月17日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.81
● MORGUE×CHRONICL LⅡ『The Secret Garden-めくるめく孤独の狭間で-』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
医学生のヴィンセントは、警察官の兄・ロデリックと二人暮らし。写真が趣味の彼はある日、撮影に出かけたモレラの森で豪雨に襲われ、森の中にある屋敷で雨宿りすることになる。屋敷の主・ロドマンは身体の中に花が咲くと言う奇病を持つ謎めいた人物だった………。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年3月9日(土)~3月10日(日)

● フリスティエンターテインメントpresents
● 高木俊バースデーイベント『平熱大陸』

http://oreiroblog.jugem.jp/?eid=1519#gsc.tab=0

2024年3月2日(土)~3月3日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.79
● MORGUE×CHRONICL L『Rapunzel-終わらない螺旋の先へと-』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
全寮制ミッションスクール“ソルシエール”の学生アンゼリカは寄宿舎であるハウスを真夜中に抜け出し、モレラの森に空を飛ぶ実験にやってきていた。勢いよく飛んだアンゼリカは、通りがかった住人・メラースを巻き込み、ふたりは高い塀から足を滑らせてしまう。そして、廃墟になった塔の中で一晩過ごすことを余儀なくされる。その塔は遠い昔、貴族の娘がある理由によって閉じ込められていた塔だった…。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年2月23日(金)~2024年2月25日(日)

● 劇団斜講 第四弾企画
● 『死者の宗教』

https://twitter.com/gekidan_shakoh

2024年2月17日(土)~2024年2月18日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.78
● MORGUE×CHRONICLE XLⅨ『Crescent 絡めとられた指先の向こう』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
全寮制ミッションスクール“ソルシエール”の学生アンゼリカのクラスにユリイカと言う転入生がやってくる。
彼女はアンゼリカに「きみを迎えにきた」と告げるが、アンゼリカは何も覚えていない。
そしてある日、不可思議な事件が学校内で起こる……。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年2月3日(土)~2024年2月4日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.75
● MORGUE×CHRONICLE XLⅥ『The Secret Garden 紡がれた香りの旋律』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
医学生のサミュエルは、警察官の姉・ローラと二人暮らし。
ある日、趣味の写真撮影に出かけたモレラの森で豪雨に襲われ、森の中にある屋敷で雨宿りすることになる。屋敷の主・ジェラルドは身体の中に花が咲くと言う奇病を持つ謎めいた人物だった………。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年1月27日(土)~2024年1月28日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.80
● MORGUE×CHRONICLE LⅠ『Rapunzel 終わらない螺旋の先へと』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
全寮制ミッションスクール“ソルシエール”の学生アンゼリカは寄宿舎であるハウスを真夜中に抜け出し、モレラの森に空を飛ぶ実験にやってきていた。勢いよく飛んだアンゼリカは、通りがかった住人・メラースを巻き込み、ふたりは高い塀から足を滑らせてしまう。そして、廃墟になった塔の中で一晩過ごすことを余儀なくされる。その塔は遠い昔、貴族の娘がある理由によって閉じ込められていた塔だった…。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2024年1月19日(金)~2024年1月20日(土)

● Homie Project Vol.1 旗揚げ公演

2作品構成
● 『雨と猫といくつかの嘘』
雨の中、ひとりきりで60歳の誕生日を過ごしていた水野風太郎。

そこへやってくるとある訪問者と、、、

風太郎をとりまくさまざまな想いを抱えた大人たちの人生と輪廻転生の物語。

● 『うだつのあがる』
ドラマティックなことも、ハプニングも、大恋愛も、何もない。
昼時の静かな時間の流れる中、うだつの上がらない若者2人が話している。
何でもありだけど、何でも良いわけじゃない、そんな日常。

https://homieproject1.wixsite.com/my-site-2

2023年12月16日(土)~2023年12月17日(日)

● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.74
● MORGUE×CHRONICLE XLV『Spiral 艶やかに回転する夜』

魔女伝説が息づく町・モルグ。
探偵を生業にしているエリクサーの元に、レイスと言う行方不明の男を探してほしいと依頼が入る。手がかりは「絵本」と「指輪」。
調査中にエリクサーは、ある集落へ辿り着くが……。

http://bewith-ticket.shop-pro.jp/

2023年12月7日(木)~2023年12月10日(日)

● Gフォースプロデュース
● 『幕末純情伝』

https://twitter.com/Gforce_Produce

2023年12月1日(金)~2023年12月3日(日)

● 劇団ミリー旗揚げ公演
● 『サロメ』

月の美しい晩、
ヘロデ王の宮殿では宴が催されていた。

参加者の注目の的はサロメ姫。
その美しさに皆が目を奪われていた、
継父であるヘロデさえも。

しかし、サロメが惹かれたのは預言者のヨカナーン。
ヘロデと妻のヘロディアを侮辱した罪で、
水溜に囚われている男だった。

ヨカナーンにくり返し愛を伝えるサロメ
サロメからの愛を頑なに拒絶するヨカナーン

サロメの初恋の結末とは……?

※照明をキーノートが担当

https://milisinfo3.wixsite.com/milis-performance

さらに過去の公演情報はこちら