menu

キーノート・シアター

〒116-0013
東京都 荒川区 西日暮里 1-1-1
パレスいしかわ B1F

MAIL.info@keynoteplan.tokyo

TEL.03-3376-1267

             

公演情報

公演の詳細は、各団体へお問い合わせください。

2019年11月30日(土)~2019年12月1日(日)

● 高校演劇カンパニー
● 『昭和みつぱん伝~浅草・橋場二丁目物語~』

2019年11月23日(土)~2019年11月24日(日)

● お天気しるべ
● 第6回本公演『茜空の向こうへ』

フラフラ何事も決められない兄の正と働きながら気象予報士を目指す弟の裕。

ある日、2人は喧嘩してしまうが、仲直りが出来ないまま裕は還らぬ人となってしまう。

裕の死をきっかけに正は宣言する。

「俺、気象予報士になります」と。

https://www.otenkishirube.com/

2019年11月15日(金)~2019年11月17日(日)

● 名優座
● 『JulietS~ジュリエット達の放課後~』

文化祭の時期が近づく…
「夢が丘高校演劇部」は部員不足の為に廃部の危機を迎え、危機回避の為に文化祭で成功をおさめなければならない状況に追い込まれていた。
彼女達が挑む演目は「ロミオとジュリエット」全員で必死に稽古を重ねるが、部全体の力不足は否めなかった…が、転校生の霧野サラが入部してきたことにより、事態は急転する。サラの実力と影響で盛り上がる演劇部員達!と同時に、彼女達の「何か」が崩れ始めていた…
ある日、「違和感」に気付いてしまった亜美は、
『吸血鬼って信じますか……?』

演劇部で「何か」が始まろうとしていた…!!

https://stage.corich.jp/troupe/18347

2019年11月9日(土)~2019年11月10日(日)

● 演劇ユニットUM.
● 第3回公演『メメント・モリ』『死神マスカレード』

どういうものか
自分の目で確かめてみればいい。
そのあとは自由です。

――では参りましょう。

いつも薄暗い死神界がカラフルに色付く。

そう、一大イベントが開かれようとしていた。

死神歴42月3日――。
この日は人間が誰も死なない祝日。
死神界ではマスカレード祭が実施される。
生命の死を司る神達が集い、仮面を被り、羽目を外し、パーティーを楽しむ。

だがそこに1人の人間が迷い込んできて――。

※キーノートスタッフが照明・音響・舞台監督を担当しています。

https://twitter.com/umumami

2019年10月30日(水)~2019年11月3日(日)

● Solo Solo Project
● 2nd project『MONSTER INTRODUCT』

2019年10月25日(金)~2019年10月27日(日)

● 劇工くらふと
● 第一回本公演『キリンジ~キリンvsパンダ~』

2019年? いや、もっと未来の話だっけな。
人口減少、働き手の不足でクローンだらけになっちゃった
地球で楽しく生きている「キリン」みたいな肌した男と
男性優位社会の中で強く生きてる女が居たんだって。
で!ぶっちゃけさ!人間とかクローンだとか
親とか子とか男とか女とか関係なくね!?
なんか、生きてたらさ「カテゴライズ」がなんだかんだあるけどさ
これは、私たちがどこからともなくここにいる理由です。

https://gekikoucraft.wixsite.com/gekikoucraft

2019年10月17日(木)~2019年10月20日(日)

● THE TOKYO BANDITs
● 『僕と死神2019』

僕の名前は山川誠。26歳。カフェ店員。
特にやりたいことはなく、これといった夢もない。
趣味もないし、好きな事も…まぁ、好きな人はいるけど。
そんな僕の前に
『死神』と名乗る男が現れた。
そういう日に限ってヤクザが来たり警察が来たり
変な占い師までくる始末。
…今日は厄日だ。
でも1つだけ良い事もあったかな。
僕と死神。
これは僕の、恋愛に関するエピソードだ。

https://twitter.com/yuji_TTB_0312

2019年10月12日(土)~2019年10月14日(月・祝)

● テアトロ コメディア・デラルテ
● 『UNIQUEシリーズ 1+1+1+1=YOU』

※キーノートスタッフが照明を担当しています。

https://www.tcd1.com/

2019年10月5日(土)~2019年10月6日(日)

● Be With プロデュース
● KIRAKIRA VOICE LAND VOL.24『Spiral』

“実力派声優陣×新感覚朗読劇”上演の為に設立した「KIRAKIRA VOICE LAND」
新シリーズ<MORGUE×CHRONICLE>が上演決定!
ダークファンタジーの世界観をお贈りします。

その町の名はMORGUE(モルグ)。
雨が多く月蝕ごとに蘇る記憶を食う魔女伝説が息づく古い歴史ある都市。
そこには様々な人間や異形の者が住んでいる。
全てのものを包み込み、今日もモルグには雨が降り続く………。

http://www.bewith-gogo.com/kirakira-voice-land/stage/kiralan24.html

2019年9月27日(金)~2019年9月29日(日)

● ラウンド・テーブル13
● 第1回公演『見つけて真実~導く答えは~』

懐かしさが残る商店街。
それらが建ち並ぶ奥のさらに奥
個性的な従業員が待つ喫茶店[椿]
いつもの席で彼女(彼)は待っている。
そこに刑事二人が持ち込んできた“事件”は連続殺人へとなっていく。
解決の糸口は過去の事件をも引きずり出し、その場の人間関係を浮き彫りにする。
語り部も交えたちょっぴりコメディーでシリアスな物語
一人一人にスポットを当てた新感覚ミステリーの始まりです。

https://twitter.com/k_A1018mono

2019年9月12日(木)~2019年9月16日(月)

● 9PROJECT
● vol.10『異ノ邦ノ人ヘ』

あの眩しい太陽の下で、私は新しい“人生”を歩く。

母親の臨終に際して“世間の望む哀しみ”を見せなかったことで糾弾されたムルソーは、死刑の判決を受ける。しかし牢の中で彼は、自らの生き方を貫く決意をする…。

「熱海殺人事件」の文学座上演版をやった時、アルベール・カミュの「異邦人」との類似性に気がついた。そして、自分が「異邦人」をベースに舞台を作るなら、どんな作品になるだろうかと考えた。
たとえ世間に認められなくても、自ら選んだ人生を生き抜く…というのは、決して簡単なことではありません。

僕はこの決意に大きな敬意を払い、自らの人生を歩んでいくための、希望の物語を考えてみたいと思っています。

※キーノートスタッフが照明を担当しています。

https://www.9-project.net/

2019年9月4日(水)~2019年9月8日(日)

● 劇団えのぐ
● 第九回公演『みどりのあいしかた』

私たちアンドロイドは、なぜ作られたのだろうか。
そう遠くない未来。
見た目は人間と同じになり、
記憶は記録され、
感情が登録されたソレと、
人間の違いはなんなのだろうか。
ある日突然、大切な人を亡くしたらどうしますか?
目の前に、
同じ見た目のソレがいたらどうしますか?
あなたはソレを、愛しますか?

https://twitter.com/gekidan_enogu

さらに過去の公演情報はこちら